幼稚園でも保育園でも、どっちでもいい。というか、選択は全て自由で、全て自分次第

さてさて
色々書いてきましたが
わかりやすく説明。

私は子どもが幼稚園でも保育園でも
どっちでもいいです。
こだわりは特にナシ。

ただ、北九州時代は
夫の仕事が不安定で
来年北九州にいるのか?が不透明だったのが
数年続いていたので

小さな子どもを預けて働く前に
生活基盤グラグラで
保育園という選択肢がなかった事実。
主婦だしおウチで見ましょうねーって感じでした。

北九州後半から群馬では
子連れで働いていたわけですが
まぁまだなんとかなっていたのです。

第三子が産まれて
私の活動のフィールドも発展して
自分の手が回らなくなって
いっぱいいっぱいになって

はっ‼︎‼︎‼︎
子どもと離れた方がお互い良くない!?!と気付いたんです。

なので
絶対に自宅保育にこだわっていて
幼稚園じゃなくちゃ嫌!
って理由での子連れでお仕事、ではありません。

ただね
何故子連れではたらく
にこだわっていたのか

それは
色々な選択肢があったっていいじゃん!
どうして働くのを諦めるか
預けて働くかしかないんだよー!

子どもの有る無しで
私という人間の能力は変わらないのに‼︎

8〜17時まで働いて
ごはんなんか作れないよ!
毎日毎日、高速な日々を回さなきゃ
母親は働けないんかー⁈
って、北九州にいた時思った。

めちゃめちゃ稼ぎたい訳じゃない。
自分のお小遣いと、少しは家計の足しになったらいいのにな
そう思うことが悪い事とは全く思わない。

だけど、そんな働き方がなかったんだ。

小さな子どもを預けるには
手間がかかります。
だから保育料も高い。
その保育料を上回って更に自分のお小遣いや家計の足しにしようと思ったら

どうしても長時間労働になりません?

そうしたら
仕事終わって
ダッシュでお迎えに行って
買い物をちゃちゃっと済ませて
ぐずる子どもなだめながら晩御飯を作って
まだまだ自分では食べられない子どものフォローをしながらお風呂の準備

遊び回る子どもをお風呂に入れて
自分は頭なんてがーーっとしか洗ってなくて湯船でゆっくりなんてなくて

自分の身体より子どもをまず乾かして服を着せて
嫌がる子どもの歯磨きを
こっちも泣きそうになりながら磨いて

全然寝る気配の無い子どもを寝室に連れて
絵本読んだり歌を唄ったり
頭の片隅でまだ洗っていない食器の事や
明日の準備やお弁当の事を片隅に置きながら、早く寝てくれーってイライラし出して自分が先に寝て、
夜中にもぞもぞ置きて
洗い物したりぼーっとしたりする。

そんな日々なのかなと思うと
正直働きたく無い。

なんでかな
9-3時くらいの仕事にしたいんよ。

残業しすぎて自殺ってあるけど
育児中もあの状態に近くなる気がする。
やってもやっても終わらない家事と
要求を続けてくる子どもと
眠くても眠れない日々。

おかしくなるのなんてきっと簡単だ。

女性活躍推進って
ちょっと間違えると
こんな母親を量産するだけな気がする。
個々の能力やフォロー体制にもよるところはあるけれど。

だから
自分でやっていただけなのです。

それだけです。

横山まい

自分自身が、悩むより動き出すことで見えた世界が沢山あると知ったから あなたの踏み出す一歩を応援したい♡ と、ラジオ、セミナー、講演活動、研修など活動中!

0コメント

  • 1000 / 1000